算数科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数702
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    s0618 算数科教育法 レポート 合格済

    算数・数学が苦手な私でも分かるようにまとめました。参考にしてみてください。

    *算数教育の目標と評価はそれぞれ整理され、よくまとまっている。
    *指導のポイントと指導内容の構成と関連がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <設題> 「算数科教育の目標(2つの立場)と評価(行為動詞含む)」について、双方の関係を含めて記述し、その後、自分の視点で考査せよ(1,600字程度)。数と計算、量と測定、図形、数量関係、集合・論理の教育の内から一つ取り上げ、各学年での指導内容の構成と、指導のポイントについて記述せよ (1,600字程度) 。
     初めに、算数科教育の目標は国が基準として設定している目標と数学教育研究の立場からの2つに大きく分けられる。
    国が定める目標
     国が定める目標として代表的なものは小学校学習指導要領であるが、2008年に改訂された際、二つの目標点が改訂されている。1つ目は「算数的活動」が文の初めに来ることで、目標の位置づけがより強化されている。2つ目は「表現する(能力)」が加えられたことにより発表・発言・表現などの能力の育成を重視されるようになった。またこの目標においても、a)算数的活動に関することb)基礎的・基本的な知識及び技能に関する事c)筋道を立てて考え表現する能力に関することd)算数的活動の楽しさや数理的処理のよさに関することe)生活や学習に活用しようとする態度に関することの5つの部分に分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。