メディアの影響を受ける子どもたち

会員1,404円 | 非会員1,684円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数259
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    朝日新聞の授業の最終レポートです。
    A+をもらいました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メディアの影響を受ける子どもたち
    ❶ 「アメリカ、GTAゲーム中毒銃撃事件」 (SBSニュース:2013年01月24日)
    ❷ 「日本、深刻化するネットいじめ(LINEいじめ)」 (産経新聞:2013年08月26日)
    ❸ 「韓国、小説模倣自殺事件」 (JTBCニュース:2014年01月14日)
    1)今日の子どもたちは、テレビやスマートフォンや映画やゲームやインターネットなど、様々なメディアの発展や普及により、豊かなメディアの環境で育てている。『人間になれない子どもたち』の著者は、「六〇年以降、テレビ、テレビゲーム、ビデオ、パソコンといった電子映像機器が普及し、子どもたちにも身近なものになっていた。子ども部屋でそうした機器に長時間にわたって接触する子どもが増え、同時に接触開始の低年齢化も進んでいる」と述べている。(清川輝基、2003、p8) このように、メディアの普及により、子ども期からメディアに接する機会や時間は増えており、メディアに接する時期も低年齢化になっている。また、2)昔の子どもたちとは異なり、豊かなメディア環境で便利な生活を送っていることも事実である。しかし、メディアの発展で便..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。