『子どもはもういない』

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数295
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ニール・ポストマンの『子どもはもういない』の全体的要約と考察です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『子どもはもういない』
    ニール・ポストマン
    私は「映像メディアが子どもに及ぼす影響や子どものメディア教育」について研究したいと考えている。映像メディアには映画、ウェブ、テレビ、ゲームなど、様々な種類があり、我々の生活のあちこちに普及されている。特に、今の子どもたちは、さらに豊かなメディア環境で育っている。『人間になれない子どもたち』の著者は、「六〇年以降、テレビ、テレビゲーム、ビデオ、パソコンといった電子映像機器が普及し、子どもたちにも身近なものになっていた。子ども部屋でそうした機器に長時間にわたって接触する子どもが増え、同時に接触開始の低年齢化も進んでいる」と述べている。(清川輝基、2003、p8)このように、子どもは映像メディアに接する接触開始の低年齢化になりつつ、映像メディアから受ける影響も幅広く露出されているといえる。また、その影響には善がある反面、悪も存在している。さらに、時代は変わり発展しつつ、新たなメディアはさらに出ている。そのため、大人は新たなメディアが子どもに与える悪影響に不安を持っている。それなら、子どもがメディアにどのように接するべきであり、どのように導いていくべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。