聖徳大学 小児看護 第2課題 第1設題 評価:B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数567
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 小児看護 第2課題 第1設題
    「学校感染症(インフルエンザ、感染性胃腸炎)の予防策について、具体的に感染の3原則(感染源の除去、感染経路の遮断、抵抗力の増強)に添って説明しなさい

    評価:B

    参考文献

    養護教諭、看護師、保健師のために学校看護 岡田神奈子、遠藤修子 東山書房 2012,2
    小児看護第36巻第1号 美島路巳 へるす出版 2013,12

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設第
     インフルエンザ感染の成立は、インフルエンザウイルスに感染しているヒトの呼吸器から排出された飛沫、または浮遊しているウイルス粒子を吸引し、上気道粘膜の付着することが感染の始まりとなる。
     インフルエンザの予防対策について、免疫力を付けるためには、予防接種で「インフルエンザワクチン」を打つのが効果的である。ただし、100%罹患しないというわけではなく、発症しても重症化や合併症を抑え病状を軽くしたり抑えたりする効果がある。また、インフルエンザにはA型、B型、新型インフルエンザなど種類がある。そのため、予防接種しても型が違うと効果がでにくい場合もあるが、予防接種を受けることは、イ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。