聖徳大学 小児看護 第1課題 第1設題 評価:A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数775
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 小児看護 第1課題 第1設題
    「学童期の健康障害(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、糖尿病)の原因、症状、治療、看護について説明しなさい」

    評価:A

    参考文献
    呼吸器 成人看護2 浅野浩一郎 梅村美志 医学書院 2007,1
    皮膚 成人看護2 佐藤博子 医学書院 2007,2
    内分泌・代謝 成人看護6 黒江ゆり子 医学書院 2007,2

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
      気管支喘息の大部分はアトピー素因をもつ。喘息発作の誘因・増悪因子としては、アレルゲン、呼吸器感染症、空気汚染、受動喫煙、食品添加物、運動、気象、薬物、ストレス、胃食道逆流、月経などが挙げられる。
     症状は、呼吸困難を自覚し、喘鳴、努力呼吸、呼吸数増加、咳嗽、喀痰などの症状が観察され、わずかな喘鳴から高度の呼吸困難まで幅広い。発作の程度に応じて小・中・大発作、呼吸不全の4段階に分類される。
     喘息の治療は発作治療と、非発作時にも存在する気道炎症を抑える長期管理からなる。治療薬には抗アレルギー薬、除放性テオフィリン薬、β2刺激薬、副腎皮質ステロイド剤などがある。また、発作の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。