聖徳大学 学校保健Ⅰ 第1課題 第1設題 評価:A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数304
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 学校保健Ⅰ 第1課題 第1設題
    「子どもの現代的な課題を1つあげて、それについて、中央教育審議会(H20.1)や学校保健安全法(H21.4)など、あらたな知見やさまざまな資料をもとにして、学校保健に求められている対応を説明しなさい。それを踏まえて、養護教諭の果たすべき役割・機能を考察し述べなさい。」

    評価:A
    評価内容:個人の意見をふまえ、文章としてまとまっています。広範囲にわたる学習を継続してください。

    参考文献
    学校保健ハンドブック第5次改定 教員養成系大学保健協議会 ぎょうせい 平成23年10月
    学校保健 聖徳大学通信教育部 聖徳大学通信教育部 平成25年2月
    養護教諭のための学校保健第10版 出井美智子他 少女写真新聞社 平成23年4月

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    『学校保健に求められている養護教諭の役割』
    医療の進歩に伴い、一昔前では救えなかった命が一命を取り留めることができるようになってきている。しかしながら、重い疾患となると、手術や治療も難しく元来の姿には戻れず後遺症を抱え退院していくこともある。看護師として入院中の子どもと接していると、「学校では自分の病気のことを誰もわかってくれない。」「居場所がない。」といった相談を受ける。また、その両親からも、「学校では担任の先生と話をするがどこまで理解してくれているのか不安。」といった話を伺う。医療の支援を必要とする事例が増えている一方、行き場のない不安を抱え学校生活を送っている子ども達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。