聖徳大学 養護概説 第1課題 第1設題 評価:B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数269
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 養護概説 第1課題 第1設題 「学校教育における養護教諭の活動と、これからの養護教諭の役割について考察し説明せよ。」

    評価:B
    評価内容:大体はよくまとめられています。言葉の概念をよく考えながら、さらにテキストを熟読して学習を深めていきましょう。

    参考文献
    新養護学概論 大谷尚子他 東山書房 2012.4
    養護概説 山中壽江 聖徳大学通信教育部 平成24.4
    保健室と養護教諭-その存在と役割- 藤田和也 国土舎2011.1

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    養護は、未熟な子どもが日々安全で、健康な生活を過ごせるように世話することであり、人間的成長を支援することである。つまり、児童生徒の養護をつかさどる養護教諭の役割は、専門的立場からすべての児童生徒の保健及び環境衛生の実態を的確に把握し、疾病や情緒障害、体力、栄養に関する問題等心身の健康に問題を持つ児童生徒の個別の指導を実施することである。また、健康な児童生徒についても健康の保持増進に関する指導にあたることである。養護教諭は、子どもの健康に生きる権利や子どもに適切な学習を保障するために、保健室などに常駐し、学校内における在学生(幼児・児童・生徒)の怪我・疾病等の応急処置を実施す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。