聖徳大学 医学一般Ⅰ 第1課題 第1設題 評価:A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数391
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 医学一般Ⅰ 第1課題 第1設題 「わが国の公衆衛生上の問題点を提示し、その対応策について論ぜよ。」

    評価:A
    評価内容:自殺予防、メンタルヘルスはまさに大変重要テーマです。内容もしっかり述べられています。文献も多い。

    参考文献
    死に至る病 セーレンキルコゲール ちくま学芸文庫 1996.6
    自殺が減ったまち 秋田県の挑戦「M」 本橋豊 岩波書店 2006.1
    地域における伊札対策プログラム 大野裕 こころの健康科学研究事業 2010.4

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    「公衆衛生の現状について」
     第二次世界大戦後、国民の健康を守るという公衆衛生の使命は、日本国憲法において明文化され、多くの制度・行政施策として具現化され、環境衛生、感染症対策、労働衛生、母子保健、精神保健、地域保健などの分野で成果を上げてきた。また、技術的な側面として、環境測定や毒性及びリスク評価に基づく環境改善、健康診断の精度向上、あるいは健康教育や保健指導、訪問指導の普及なども特筆される。これらの活動の成果として、結核や胃腸炎、脳血管疾患など、戦後しばらく死因の上位を占めた疾病による死亡は大きく減少し、重篤な公害病や職業性疾患の発生率も低下し、わが国は世界有数の長寿国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。