聖徳大学 基礎看護 第1課題 第1設題 「看護の概念、看護の対象を~」 評価:A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数464
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 基礎看護 第1課題 第1設題
    「看護の概念、看護の対象を踏まえて、学校における看護活動の特質、養護教諭として看護を学ぶ意味について考察しなさい。」

    評価:A 評価内容:参考文献も活用し、〇〇さんの意見が考察されていました。

    参考文献
    最新看護〜学校で役立つ看護技術〜 中原佐智子他 東山書房 2011.3
    保健室と養護教諭〜その存在と役割〜 藤田和也 国土社 2011.1

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    看護とは、健康・不健康を問わず、個人又は集団の健康生活の保持増進及び健康への回復を援助することである。人間は、家族や地域社会、職場や学校などの社会集団の中で社会生活をしている存在であり、母性・小児・成人・老人のライフサイクル各期において発達課題と健康問題をもつ。したがって看護の対象とは、あらゆる健康レベルにある人々である。
    また、看護の目的とは、人間の生命及び体力を護り、生活環境を整え、日常生活への適応を援け、早期に社会復帰ができるように支援することである。これらの事を踏まえ、養護教諭として看護を学ぶ意味について考える。
     近年、子どもたちの健康問題が複雑化、多様化するに伴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。