佛教大学レポート 英米文学概論 第2設題 (合格済)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数448
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程 レポートです。参考にしてください。
    第2設題 エマスン、ソロー、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、パウンドについて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     エマスン、ソロー、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、パウンドについて述べなさい。
    以下にアメリカ文学史作家を、それぞれの特徴を中心に上記の設問順にまとめていきます。
    ラルフ・ウォルドウ・エマスンは1836年に『自然論』を出版しましたが、この本で彼は、真理は経験を超えた直感から導かれるという超絶主義を述べています。そして彼は西洋文化の伝統や、アメリカ文化の伝統から独立できるのは学者自身の自己信頼によるものであると主張しています。その自己信頼については、『アメリカ人学者』という演説でも述べており、また上記の経験を超えた直感が、教会の教えより重要であると講演した為、その後ハーバードから遠ざけられる結果となりました。エマスンはその後『評論集』や詩集等を発表し、その詩集によって詩人として認められる結果となりました。
    また、イギリスでの講演集『偉人論』は友人であるジョン・ラスキンの『英雄崇拝論』にならったものであり、6人の偉人を挙げて神の心を表わしています。彼の思想である超絶思想は、罪を犯しても、償いによって救われるという楽天思想だった為、多くの人に広まりました。文人ではホイットマ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。