佛教大学レポート 学校教育課程論 中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題につ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数417
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめて下さい。

    日本では教育課程を編成するにあたり、考慮しなければならない法令は多数ある。まず、わが国の教育の目的や目標は教育基本法及び学校教育法により示されている為、学校毎に地域や学校の実態を考慮して学校教育目標を設定する際、その目標に従わなければならない。また、学習指導要領は小学校・中学校・高等学校に向けてそれぞれ文部科学省が発行しており、教育課程の目標や内容等を定めている。そして標準授業時間数等のさらに詳細な内容は学校教育法施行規則によって定められている。各学校は教育課程を編成する際にこれらの法令に従い、編成の際の基準として考えなければならないのである。この様に学習指導要領は現在では学校毎の教育内容に大きな差が出ない様に、学校に対して法的拘束力を持つものである。しかしながら、当初から法的拘束力を持っていた訳では無く、またこの学習指導要領は時代のニーズに合わせて様々に改訂を繰り替えしてきた。以下に中学校の学習指導要領に絞り、1947年以降どの様に変化して来たのかをまとめ、今日的課題についても途中と最後に触れたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめて下さい。
    日本では教育課程を編成するにあたり、考慮しなければならない法令は多数ある。まず、わが国の教育の目的や目標は教育基本法及び学校教育法により示されている為、学校毎に地域や学校の実態を考慮して学校教育目標を設定する際、その目標に従わなければならない。また、学習指導要領は小学校・中学校・高等学校に向けてそれぞれ文部科学省が発行しており、教育課程の目標や内容等を定めている。そして標準授業時間数等のさらに詳細な内容は学校教育法施行規則によって定められている。各学校は教育課程を編成する際にこれらの法令に従い、編成の際の基準として考えなければならないのである。この様に学習指導要領は現在では学校毎の教育内容に大きな差が出ない様に、学校に対して法的拘束力を持つものである。しかしながら、当初から法的拘束力を持っていた訳では無く、またこの学習指導要領は時代のニーズに合わせて様々に改訂を繰り替えしてきた。以下に中学校の学習指導要領に絞り、1947年以降どの様に変化して来たのかをまとめ、今日的課題について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。