2016年度対応 Z1312 教科教育法英語1 科目最終試験対策 6題セット 2015年合格済み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数539
ダウンロード数62
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1312 教科教育法英語1 科目最終試験対策6題+高校の授業展開1例のセットになります。

    試験問題6題
    ①[テスト作成・評価法について説明せよ]
    ②[音声指導について説明しなさい]
    ③[文法指導について説明しなさい]
    ④[語彙の指導・辞書の指導について説明せよ。]
    ⑤[中学校における英語教育について説明せよ]
    ⑥「高等学校における英語教育について説明せよ」
    ⑦ [高校1年生を対象とした、英語による授業展開の具体例を書きなさい。]

    2015年の試験において②と⑦の問題で70点で合格しました。資料の最後に試験を終えての感想も載せてあります。是非試験勉強の参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1312 教科教育法英語1 科目最終試験対策
    [テスト作成・評価法について説明せよ]
     
     教科教育は、カリキュラムの作成、指導、評価、改善というPDCAサイクルによって行われる。テストをもとに生徒の授業の理解度を測定し、教育がうまく行われているかを評価し、改善に生かすのである。この流れのなかで、良いテストを作成し、確実な評価を行うことは非常に重要な作業となる。以下には、テストの種類や良いテストの条件、評価法を示していく。
    テストの種類としては、集団のなかで、ある個人がどこに位置するかでその個人の能力を把握する「集団規(基)準準拠テスト」、目標到達規(基)準に達しているかどうかを把握する「目標規(基)準準拠テスト」が挙げられる。前者は熟練度テストの区分で相対評価である。後者は到達度テストの区分で絶対評価である。また、英作文問題などの主観テストやセンター試験やTOEICなどの多岐選択問題などの客観テスト、スピーキングなどを直接行わせる直接テスト、スピーキング技能をペーパー・アンド・ペンシル・テストで行う間接テストなどの種類があり、目的に応じて使い分ける。
     良いテストの条件は、①テスト..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。