2016年度対応 Z1104 教育社会学1 科目最終試験対策 6題セット 2016年合格済み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数323
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信 Z1104 教育社会学1 科目最終試験対策の6題セットになります。主にテキスト「教育の比較社会学」を中心にまとめてあります。

    ★試験問題
    1.いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題ではないことについて説明せよ。
    2.日本型の学歴社会の特質についてまとめ、学歴社会の今後の展望について述べよ。
    3.学力低下の実態についてまとめ、その問題点を整理せよ。
    4.イギリス・アメリカ・中国からひとつを選び、日本の教育改革と比較し、それぞれの特徴を整理せよ。
    5.いじめ問題の国際比較を通じて、その共通性と異質性について具体的に説明せよ。
    6.国際化する社会に対応した教育とは何かについてまとめ、そのために学校はどのように変わらなければならないのか説明せよ。

    私の場合、2の問題が出題され、65点で合格しました。すべて800文字~1000文字程度でまとめているので、試験用紙の3分の2以上は埋まると思います。あとは補足と自分の考えを付け加えればさらに高得点を狙えるかと思います。是非参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.いじめの原因についてまとめ、それが学校だけの問題ではないことについて説明せよ。
    いじめについて、これまでさまざまな調査・研究が行われ、その原因や過程が少しずつ明らかにされてきた。まず、いじめの原因について4つにまとめる。
    (1)性格原因説:いじめの原因は、被害者や加害者の性格の問題であり、性格を直せば解消できるとする比較的初期の研究であり説であるが、いじめに対する考え方が短絡的であることはいうまでもない。
    (2)機会原因説:いじめの発生は、きっかけにすぎず、所属している集団の状況や雰囲気によって左右されるという説である。いじめが発生する雰囲気がある集団において、プラス面、マイナス面にかかわらず、「普通」から外れた特性を持つ子どもがいじめの対象となるとする説である。
    (3)いじめの4層構造論:いじめを学級集団全体の問題であるととらえ、加害者と被害者だけでなく、その周りにいる「観衆」や「傍観者」の役割や存在を指摘する「いじめの4層構造論」である。周りの人間がいじめに同調したり容認態度をとることによってエスカレートすることが指摘されている。
    (4)ストレス原因説と規範意識欠如説:いじめの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。