同和教育

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数260
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    同和教育
    設問1
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    ※部落問題の解決に向けた同和教育、その普遍化として人権教育の創造に向けた実践はいかにあるべきかについて考察を深めること。
     同和教育とは、部落差別を解決すための教育の営みだ。同和問題は人類普遍の原理である人間の自由と平等に関する問題であり、日本国憲法によって保障された基本的人権に関わる課題だ。そして、国の責務であると同時に国民的課題だ。
     同和教育とは日本社会の歴史的発展において形成された身分階層構造により差別され、市民的権利と自由を完全に保障されていないという社会問題から生まれた教育だ。差別により、貧困、劣悪な環境から抜け出せず、差別の悪循環が生み出されている。
     同和教育は、昭和初期に「融和教育」として誕生した。路地の者たちの多くは、教育にあまり関心がなく、そのため、子どもたちはほとんど教育を受ける機会がなかった。そのため、明治まで「周囲に融け込もう」とする融和運動によって、一部の青年たちが寺子屋で子どもたちに教える程度であった。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。