S0104 教育方法学第2設題 レポート 判定B 【2016年対応】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数393
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0104 教育方法学第2設題 レポート 判定B 【2014年対応】
    『知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。 』

    ご参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日、インターネットなどの情報技術が発達し、国民のほとんどがスマートフォン、携帯を持つようになり、誰しもが情報を常に取得することが可能になった。このような環境が社会に備わっていることから、学校で知識を教える必要はないという声があるが、それは自分自身で情報を取捨選択し、役立つ知識として身につけられる能力が備わっていていえることである。すべての子どもたちがそのような能力を備えているかというと現実ではそうではない。実際に、技術の進歩と裏腹にインターネットによって児童や生徒が犯罪に巻き込まれる事件がここ数年で一気に数を増やしている。このような状況を鑑み、教育はこれから児童・生徒に対し、インターネットなどの情報を遮断するのではなく、どううまく付き合っていくかを教えていく必要があると考えている。情報の信憑性や信頼性を判断でき、情報を分析、応用、熟考し。情報から価値を生み出し、それを新たな知識としてスパイラル的に創造していく力の育成が学校教育で求められているのである。それが「学ぶ力」すなわち、既有知識を基に新たな知識を創りだし、諸問題に対応出来る力だといえる。
    情報化社会では情報が大きな影響力をもつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。