[日大通信 平成29~30年度] 英語学概説(分冊2)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数46
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本大学通信教育部 平成29,30年度の英語学概説(分冊2)の合格レポートです。科目修得試験と合わせてS評価となっております。
    「全体を通してよくまとめられており、誤りもありません。」との講評を頂いております。ご参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語学概説
    (
    科目
    コード
    N30700
    )
    分冊
    2

    課題

    教材の第
    9

    (
    情報構造
    )
    に関連して、以下に示す二つの
    課題に取り組むこと。
    リポート作成の際には
    指定の教材や参考文献はもとより、必要に
    応じ
    ほかの文献も
    参照すること

    また、

    し番号を
    振った
    例文を
    必ず提示し
    、出典を明らかにすること。

    教材

    扱われている
    倒置現象のうち三つを取り上げ
    簡潔に
    まとめよ


    倒置現象の
    一つである場所

    方向の前置詞句の
    倒置、
    いわゆる「場所

    倒置
    (Locative Inversion)
    」につい

    、その特徴や

    される条件
    ・制約などについて論じよ


    ポイント

    倒置現象は、動詞の意味、統語構造、情報構造、文の機能などの相互作用の結果で
    ある


    理解するこ


    課題

    では、教
    材の
    記述に基づき、
    倒置

    には
    どのような種類のものがあるのか
    を簡潔にまとめるこ


    課題

    では、場所

    倒置について

    その特徴を動詞類、統語構造、情報構造

    機能的
    制約などに触れな
    がら
    論じる
    こと
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。