[日大通信 平成27~28年度] 英文法(分冊2) 合格レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数48
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信教職英文

    代表キーワード

    英文法日本大学教職

    資料紹介

    日本大学通信教育部 平成27,28年度の英文法(分冊2)の合格レポートです。分冊1および科目修得試験と合わせてS評価となっております。
    ご参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英文法
    (
    科目コード
    N20200
    )
    分冊
    2
    <課題>
    「完了相」
    (Perfect Aspect)
    について、具体的な例文を掲示しながら、その意味用法
    について詳
    述しなさい。
    キーワード
    :
    現在
    完了形
    ・「現在とのつながり」・
    過去時制
    ポイント
    :
    過去形との違いを織り交ぜなが

    論ずる
    ことが大切です


    レポート本文

    完了形は、「
    have

    p.p.
    」で表すことができるが、基本時制と組み合わさることで
    、現在完了時制、過去完了時制、未来完了時制の
    3
    種類に分かれる。また、それぞれが
    、現在、過去、未来のある時点までの動作の完了や継続などの意味を表すことができる
    。そこで、本レポートでは、「完了相
    (Perfect Aspect)
    」について、具体的な例文を
    掲示しながら、その意味や用法について
    論じてゆく

    1.
    !
    現在完了形
    : Present Perfect
    まず、現在完了形
    のみならず
    、完了相には
    4
    つの基本的な意味があり、

    完了、


    続、

    経験、

    結果である。
    また、
    ある時点を示す、副詞
    相当語を
    伴うこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。