[日大通信 平成27~28年度] 英文法(分冊1) 合格レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数51
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信教職英文

    代表キーワード

    英文法日本大学教職

    資料紹介

    日本大学通信教育部 平成27,28年度の英文法(分冊1)の合格レポートです。分冊2および科目修得試験と合わせてS評価となっております。
    ご参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英文法
    分冊
    1
    (
    科目コード
    N20200
    )

    課題

    英語の
    未来表現について、
    具体的な例文を
    提示しながら

    述しなさい

    キーワード
    :
    単純現在時制

    will/shall
    ・現在進行形・
    be going to

    will be

    ing
    ポイント
    :
    英語
    の未来
    表現
    (
    単純現在時制

    will/shall
    ・現在進行形・
    be going to

    will
    be

    ing)
    について、具体的な例文を
    示しながら


    々の表現の特徴や違いを過不足なく
    論ずることが大切です。

    レポート本文

    英文法において、動詞は事物の時間的関係を表し
    、その時間関係によって形態が変化
    する。この
    語形変化を時制と呼び、一般には、現在時制・過去時制・未来時制の
    3

    の基本時制と、完了形・進行形の組み合わせにより
    12
    の時制があ
    るが、
    その中で、未
    来の表現の仕方は様々である。そこで、本レポートにおいては、様々な未来表現の仕方
    について、例文を提示しながらその特徴や違いを述べる。

    単純現在時制
    単純現在
    時制
    では、
    (1)
    時刻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。