日大通信 現代教職論M(メディア授業) 理解度チェック1~4・レポート試験[A判定] のセット

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数610
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信「現代教職論M」(メディア授業)の課題すべてを掲載している資料です(理解度チェック1~4・レポート試験[A判定])。 参考までにご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 現代教職論M 理解度チェック1~4・レポート試験
    理解度チェック1
    課題:教師と生徒(学習者)との間に、正常な人間関係としてコミュニケーションが成立しているときに「わかる」授業が可能となる。以上について、あなた自身のこれまでの学校での経験を具体的な例としてあげて論述しなさい。(1000字程度でまとめること)ワードファイルにすること。
     「わかる」授業が可能となるには、教師と生徒(学習者)との間に、正常な人間関係としてのコミュニケーションが必要である。正常な人間関係としてコミュニケーションが成立するためには、まず生徒が授業内容、あるいは教師に対して好奇心を持ち、話に耳を傾けようと思うことが大切である。それによって、授業が「わかる」ようになり、自己学習意欲がわき、向上していけるのである。しかしそのためには、何より教師に魅力がなくてはならない。教師自身が生徒をどれだけ惹きつけるかが、「わかる」ことに大きく関わっている。
     私の高校時代の英語の先生は、たいへん魅力的な授業をされた。授業では、もちろん文法事項を教えるのだが、その際に、文学作品を題材に、その文章の美しさや面白さについて語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。