日大通信 英米文学概説 分冊2 S判定合格レポート [平成27-28年度課題]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,050
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 英米文学概説 分冊2 S判定合格レポート 

    課題 [平成27-28年度課題]
    教材の第5章を読んで、William Shakespeareの劇について著者が主張する特質を、作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ、論述しなさい。

    先生から、「Shakespeareの作品の特質についてよく論じています。」とのコメントをいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説 分冊2
    課題:教材の第5章を読んで、William Shakespeareの劇について著者が主張する特質を、作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ、論述しなさい。
    William Shakespeareの劇の特質は、4つに大別できる。「物語」「登場人物の性格」「筋」「雰囲気」である。小説との違いに触れながら順番に説明していく。
     「物語」を作るのは劇も小説も同じである。しかし、劇の方が難しい。なぜなら劇では役者が演じなければならないからである。例えば物語の背景を説明するとき、小説であればいくらでも書きようがある。しかし劇には役者しかおらず、役者が前に出て背景を説明するわけにもいかないので、いかに自然に、もっともらしく観客に説明するかが重要である。例えばHamletでは、Hamletの父の亡霊を兵士たちが見失う場面がある。その後、もう一度亡霊を見るためにHaratioを呼び、彼に事情を説明する。そのときに観客は場面の状況を知ることができるのである。
    その他の劇の特質として、登場人物の人生の一部しか扱えないということ、また、劇作家は登場人物や劇の場面の説明をすることがで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。