日大通信 異文化間コミュニケーション概論 科目修得試験対策

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数985
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信「異文化間コミュニケーション概論」の科目修得試験合格者による試験対策です。
     この科目の試験は、新傾向の問題になってから以下の順に出題されています。

    1、日本語の単語を英訳する問題(5問)
    2、日本と北米のうちどちらの文化型を示しているかを判断する問題(10問)
    3、日本語と同じ意味になるように英語を並べ替える問題(3問)
    4、あるテーマに関連させて、異文化間コミュニケーションにおいて大切な点を論じる問題(1問)

     このうち2と4はざっと教科書を読んで内容を理解していれば、試験中に考えて答えることができる問題と言えます。しかし、1と3に関してはそうはいかず、本文中にある膨大な表現を覚えなければなりません。この資料では、過去問を見て出題傾向を分析し、その結果に基づいて対策問題を作りました。26年度の問題はこれで100%カバーできました。出題傾向がこのまま続けば、掲載した問題を解き、表現を覚えておけばまず合格ラインは突破できます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 異文化間コミュニケーション概論 科目修得試験対策
    日大通信「異文化間コミュニケーション概論」の科目修得試験は、新傾向の問題になってから以下の順に出題されています。
    1、日本語の単語を英訳する問題(5問)
    2、日本と北米のうちどちらの文化型を示しているかを判断する問題(10問)
    3、日本語と同じ意味になるように英語を並べ替える問題(3問)
    4、あるテーマに関連させて、異文化間コミュニケーションにおいて大切な点を論じる問題(1問)
     このうち2と4はざっと教科書を読んで内容を理解していれば、試験中に考えて答えることができる問題と言えます。しかし、1と3に関してはそうはいかず、本文中にある膨大な表現を覚えなければなりません。この資料では、過去問を見て出題傾向を分析し、その結果に基づいて対策問題を作りました。26年度の問題はこれで100%カバーできました。出題傾向がこのまま続けば、以下の問題を解き、表現を覚えておけばまず合格ラインは突破できます。
    Ⅰ 英訳問題対策
    新傾向の過去問における英訳問題は、すべて以下の中から出題されています。
    以心伝心 heat-to-heart commu..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。