日大通信 英語科教育法Ⅰ 合格レポート(平成27-28年度課題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数635
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 英語科教育法Ⅰ 合格レポート

    レポート課題5:日本語を母語とする(日本人)英語教師の存在意義について、あなたの実体験を織り交ぜながら、論じなさい。 [平成27-28年度課題]

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 英語科教育法Ⅰ 合格レポート
    レポート課題5:日本語を母語とする(日本人)英語教師の存在意義について、あなたの実体験を織り交ぜながら、論じなさい。[平成25-26年度課題]
    日本語を母語とする英語教師の存在意義とは何か。それは、生徒と同じバックグラウンド、つまり日本で生まれ日本文化の中で育ち、日本語を母語として生きてきたという背景を共有していることである。例えば、よく生徒で「英語なんて使わない」というネガティブな感情を口にするものがいる。そのような感情も、英語に対する日本人の姿勢や文化的背景(実際に日本では大人でも英語を使わない人の方が多いという事実)なしには理解できない。しかし、逆にそれを通り越えて、「英語が使えると良いことがある」というところまで持っていくのも、そのような文化的背景を共有している方が有利である。「英語なんて使わない」と思うのは、外国語学習によって我々が複眼をもつことができるということを知らないからである、というところまでは、日本語を母語とする教師でなくても考えられるかもしれない。そして、英語を使うことによっていろいろな視点から物事を眺めると面白い、と生徒た..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。