日大通信 英文法 分冊1 A判定合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数351
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信 英文法 分冊1 A判定合格レポート

    課題:英語の単純現在時制について、具体的な例文を示しながらその意味用法を詳述しなさい。(平成25-26年度課題)

    先生から「英語の単純現在時制についてその意味用法が簡潔にまとめられています。」とのコメントをいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日大通信 英文法 分冊Ⅰ 合格レポート
    課題:英語の単純現在時制について、具体的な例文を示しながらその意味用法を詳述しなさい。
     単純現在時制は、主語が3人称単数の場合は-(e)sを付ける。主として現在の事柄を表すが、過去や未来も表す。用法には次のようなものがある。
    1 現在の事実・動作・状態:現在の事実・動作・状態は、原則として進行形で表すが、進行形を作らない状態動詞は通常、現在形で事実・状態を表す。
    ・He lives in Kyoto.(彼は京都に住んでいる)「現在の事実・状態」
    2 現在の習慣的・反復的動作:動詞には動作動詞が使われる。
    ・My father snores loudly.(父は大きないびきをかく)「現在の習慣的」
    ・The Jodoin monks prepare the “Breakfast for Buddha” in the temple’s small kitchen.(浄土院の僧たちは寺の小さな台所で“仏の朝食”を準備する)「反復的動作」
    3 一般的真理:時間を超越した科学的・地理的事実や諺など
    ・The earth goes round the su..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。