刑法Ⅰ レポート

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数57
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:被害者の承諾は犯罪の成否にどのような影響を与えるか!?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:被害者の承諾は犯罪の成否にどのような影響を与えるか!?
     刑事上及び民事上の双方側面の場合においても被害者の同意や承諾及び被害者自身に処分権限が帰属する法益に対する侵害の許容は、法益侵害性を喪失させる事になり、同時に構成要件妥当性や違法性阻却事由になるとされている。このような法的理念に基づいて、法律に抵触する違法行為に対して事前に被害者自身が承諾する事によって犯罪の成否に影響を及ぼし、犯罪に該当する筈の行為を犯罪行為としての本来的処罰対象としない事が「被害者の承諾」である。社会的秩序維持の観点等から刑事上におけるその完全な法的効果の対象範囲は、基本的には個人的法益に対する犯罪の場合だけに限定される。
     刑事上及び民事上の両側面においても被害者の承諾や同意の法的効力が有効となる為には、➀被害者が単独で完全に有効な法律行為を実施できない民法上の制限行為能力者ではなく、被害者自身が単独で承認や同意ができる完全な能力を備えている事/②被害者の承諾や同意が被害者自身の真意及び自由意志的判断に基づいている事/③被害者の承諾や同意が事前に行われている事/④被害者の承諾や同意が公序良俗に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。