刑事訴訟法 分冊2

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数60
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:刑事手続きにおける令状主義に関して説明した上で、その例外に該当する制度を列挙し、各種制度に関して概説しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:刑事手続きにおける令状主義に関して説明した上で、その例外に該当する制度を列挙し、各種制度に関して概説しなさい。
     「強制処分法定主義」とは、捜査機関による国民の身体・自由・財産等に関連した権利・利益を侵害する蓋然性が高い強制処分には法令上の根拠が必要で法令規定上の範囲内に限定して実施可能な原則(日本国憲法第31条及び刑事訴訟法第197条1項但書)であり、捜査機関による強制処分の実施に伴った人権侵害と恣意的捜査を法令規定により抑制する民主的統制機能を果たしており、「令状主義」とは逮捕・勾留・捜索・押収等の強制処分は裁判官・裁判所が発行する令状を取得しなければ実施不可能とする原則(日本国憲法第33条及び同法第35条)であり、捜査機関による強制処分の実施に伴った人権侵害・恣意的捜査・権限濫用を裁判所(司法機関)から抑制すると同時に当該強制処分の理由及び必要性を裁判所(司法機関)に審査させる司法的統制機能を果たしている。なお、「強制処分法定主義」・「令状主義」の適用対象となる強制処分の定義としては判例上で『強制手段とは有形力の行使を伴う手段ではなく、個人の意思を制圧しながら身体・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。