刑事訴訟法 分冊1

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:自白に対する法的規制としての自白法則と補強法則に関して概説しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:自白に対する法的規制としての自白法則と補強法則に関して概説しなさい。
     「自白法則」とは、捜査機関の暴行・強制・強要・拷問・脅迫・威圧・過酷な取調・長期的な勾留や拘禁により取られた自白(日本国憲法第38条2項)及び任意性を伴っていない蓋然性が高い自白(刑事訴訟法第319条1項)の証拠能力を排除する法理であり、自白の任意性立証責任は証拠請求する検察官にあるとされる。自白法則の主要な根拠及び学説には、①黙秘権(日本国憲法第38条1項)・供述拒否権(刑事訴訟法第311条1項)等の被疑者・被告人の人権を保障する見地から任意性を伴わない自白の証拠の力を排除する「人権擁護説」,②誤判防止の見地から任意性を伴っておらず虚偽の蓋然性が高い自白の証拠能力を排除する「虚偽排除説」,③違法捜査の抑制及び適切な法定手続の確保(日本国憲法第31条)の見地から違法な捜査や聴取の過程により取られた任意性を伴わない自白の証拠能力を排除する「違法性排除説」,以上3説があり、①「人権擁護説」では人権が侵害されるような状況と自白に因果関係が必要となり、②「虚偽排除説」では虚偽の発言を誘発する状況と自白に因果関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。