証券市場論-2分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数112
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:投資理論をポートフォリオとデリバティブ戦略を用いて体系的に説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題 投資理論をポートフォリオとデリバティブ戦略を用いて体系的に説明しなさい。
     証券投資とは、証券市場において株式・証券・投資信託等有価証券への投資を行う事を意味しており、証券投資の主要目的は➀企業の経営支配を目的とする投資.②利益追求を最重要視する目的.以上2点に大別され、企業の経営支配を目的とする証券投資は広範的意味合いで利益追求目的も併せ持っているが、証券投資によって直接利益を獲得する状況ではなく、双方の目的は明確に区別すべき必要性があるとされている。
     ポートフォリオとは個人や企業が所有する金融資産の組み合わせを意味し、ポートフォリオ理論とは手持ちの投資資金をどのような証券に分散してどのようなポートフォリオを構築した上で投資すべきかを経済学的に分析した理論であり、ハリー・マックス・マーコウィッツが 1953年に発表した論文で当該理論の基礎が構築された。有価証券投資目的は主に利益追求であるが、証券投資を含めた金融取引の継続的実行では常時何らかのリスクが隨伴し、有価証券投資において常時利益確保可能な確証は存在しない。有価証券投資でリターンを期待する場合は必ずリスクが存在し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。