証券市場論 1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数270
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:各証券を説明して、それらの発行形態と推移を述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:各証券を説明して、それらの発行形態と推移を述べなさい。
     法律上における証券・有価証券は、一般的な財産権を表示して記載された権利の行使や移転(譲渡)が当該証券により実施される性質の「有価証券」.一定の事実だけを証明する性質の「証拠証券」.に大別され、主要な証拠証券には預金証書・借用証書・受取証書等があり、主要な有価証券は一定な商品やサービスの請求権を表示した財貨請求権証券である「物財証券(商品証券)」.当該証券で表示された財産的権利の経済的内容に応じて貨幣請求権を表示した貨幣請求権証券である「貨幣証券」.収益請求権等資本提供者の権利を表示した投資に伴う諸権利請求権証券である「資本証券」.に分類される。また、狭義的意味合いでは一般的な代替性や一定の単位に分割可能で高度な譲渡性(市場性)等の特質を有し証券市場において取引対象となる「資本証券」が有価証券であると見做されており、特定会計期間の期末時点迄における資産・負債・資本を一覧表化して企業の財務状態を明確に記載した計算書類である「貸借対照表」上での有価証券は、金融商品取引法上で規定された国債証券・地方債証券・社債証券・出資証..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。