会計学 2分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数175
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:我が国の企業会計制度の特徴は何か? また、その制度が社会から認められるためには、一連の会計原則や会計基準がGAAP(Genrally Acceptance Accounting Principles:一般に認められた会計原則)として成立していなければならない。そこで、我が国の企業会計制度とGAAPを整理し、GAAPの必要性について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:我が国の企業会計制度の特徴は何か? また、その制度が社会から認められるためには、一連の会計原則や会計基準がGAAP(Genrally Acceptance Accounting Principles:一般に認められた会計原則)として成立していなければならない。そこで、我が国の企業会計制度とGAAPを整理し、GAAPの必要性について説明しなさい。
     企業が会計を実施する際に順守すべき一般駅妥当性が認められている企業会計原則(GAAP)は、単一的な法律だけではなく、関係する様々な規則・原則を集約して構成される会計処理上の概念であり、日本の記号会計原則(GAAP)は1949年に企業会計制度対策調査会が企業会計の改善・統一を目的に会計実務上で規範的内容となる企業が準拠すべき会計処理の原則や手続の成文化により設定した「企業会計原則」を中心として、各領域に関してそれぞれ会計処理の具体的方法を明示した各種の個別的「会計基準」が補完するような状況で企業会計原則(GAAP)が構成されている。
     日本の「企業会計原則」は適正な期間損益計算を目的とした会計を実施する観点から損益計算書による期間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。