会計学 1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数206
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:我が国の財務会計概念のフレームワークの役割と会計基準を取り巻く環境に関して纏め上げて、更に会計情報の質的特性に関して説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:我が国の財務会計概念のフレームワークの役割と会計基準を取り巻く環境に関して纏め上げて、更に会計情報の質的特性に関して説明しなさい。
     2006年12月に企業会計基準委員会が設定した財務会計概念フレームワークは、現行企業会計(財務会
    計)の基礎となる前提を体系化して将来的会計基準設定の指針定義と会計基準関連の基礎的枠組を明示
    した概念で、日本の企業会計基準は実際の会計事務を基礎に一般的・共通的な原則や基準を抽出する帰
    納的考察で形成され、帰納的考察では現行企業会計の問題是正的基準が形成され易い一方で問題改善可
    能な会計基準が形成され難く、前例の存在しない新たな取引や会計事象が発生した際の即時対応及び会
    計処理関連の利害対立が発生する領域において調整可能な会計処理基準の設定が困難であり、帰納的考
    察の欠点を補充した公正・妥当な理論的会計基準の設定目的で演繹的考察により会計処理上の既存的基
    礎概念とそれに矛盾しない具体的企業会計の諸概念や基準を規定した財務会計か五年フレームワークの
    設定が必要とされている。
     なお、2006年に企業会計基準委員会が設定した「財務会計概念フレーム..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。