経営学 1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数356
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:
    コーポレート・ガバナンスに関する次の設問について論述しなさい。
    ➀コーポレート・ガバナンスの意味と重要性
    ②日本企業のコーポレート・ガバナンスの特徴・問題点・改善策
    ③監査役設置会社と委員会設置会社の仕組みと意図
    ④日本企業に相応しいコーポレート・ガバナンスのあり方についての自己見解

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:
     コーポレート・ガバナンスに関する次の設問について論述しなさい。
    ➀コーポレート・ガバナンスの意味と重要性
    ②日本企業のコーポレート・ガバナンスの特徴・問題点・改善策
    ③監査役設置会社と委員会設置会社の仕組みと意図
    ④日本企業に相応しいコーポレート・ガバナンスのあり方についての自己見解
    ➀コーポレート・ガバナンス(企業統治・企業支配)は、ステークホルダー(利害関係者)により企業を統制して会社が諸法令を遵守した効率的な企業運営や業務執行がなされるよう企業経営者側の利己的意思決定を抑制しながら相互利害関係の円滑な調整に基づいた企業経営の実行を監視する仕組みであり、その主要目的は(1)「株主価値向上」,(2)「経営の効率性と競争力を有した収益性が高く長期的に事業継続可能な企業体制構築」,(3)「不正行為や違法行為の抑制」,以上3点が挙げられ、一部経営者による独断的決定や利害関係による経営の暴走・企業による様々な不祥事を防止する観点から重要視されている概念でもある。
    ②日本企業のコーポレート・ガバナンスには、取締役会と監査役・監査役会による経営の二重チェックシステムを有する構造..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。