経済政策・経済政策総論 2分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数198
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:
    市場機構(市場メカニズム)の役割と問題点について述べ、政府の役割(経済政策の必要性)について論ぜよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:市場機構(市場メカニズム)の役割と問題点について述べ、政府の役割(経済政策の必要性)について論ぜよ。
    市場メカニズムとは、需給の不均衡を価格変動により自動的に調整する資源配分の仕組みで、個々の
    経済主体が各自の判断に基づいて市場での生産要素や財・サービスの売買により資源配分と所得分配が
    行われ、資源配分の効率性と所得分配が行われ、資源配分の効率性と所得分配の公正性を財の希少性を
    指標とする市場での価格に委ねており、市場メカニズムが調整可能なモノは市場で取引されている商品
    の需給に限定され、最適な資源配分とは社会全体規模で一切の無駄を発生させずに資本や資源が配分さ
    れるような理想的状態であり、数学的には財の配分において全個人における財の限界代替率が等しくな
    る状態であるとされている。
     政府により金融システムの安定性が維持される状況は国民経済が健全な発展を遂げる観点から必要不
    可欠な前提条件であり、金融システム全体を安定化して効率的に機能させる事を実現する目的では、➀
    市場における公正な競争とチャック機能.②政府による監督・規制.③自薦のシステミック・リスクの発
    生を防止す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。