経済政策・経済政策総論 1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数200
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート課題:
    マクロ経済政策の必要性について論ぜよ。そして、財政政策と金融政策の効果をマクロモデルを使って、以下の順番で述べよ。
    ➀マクロ経済を財市場と貨幣市場に分けて、財政政策と金融政策の効果を財市場均衡と貨幣市場均衡のそれぞれについて述べよ。
    ②2つの市場が同時に均衡するマクロ均衡での経済政策効果を述べよ(IS-LM分析)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題:マクロ経済政策の必要性について論ぜよ。そして、財政政策と金融政策の効果をマクロモデルを使って、以下の順番で述べよ。
           ➀マクロ経済を財市場と貨幣市場に分けて、財政政策と金融政策の効果を財市場均衡と貨幣市場均衡のそれぞれについて述べよ。
           ②2つの市場が同時に均衡するマクロ均衡での経済政策効果を述べよ(IS-LM分析)。
     マクロ経済政策は、経済成長を高める「成長政策」及び景気の変動を緩和・抑制する「安定化政策」に
    分類できる。経済成長とは、一国における実質国内総生産(実質GDP)または個人別の実質GDPを増加させ
    る事であり、一般的には国内総生産(GDP)の規模が大きいほど望ましい状況であるとされており、長期的
    観点でGDPの拡大化を助長しながら実質成長率を上昇させる事が成長政策である。安定化政策とは、経
    済活動全般の供給能力に対する実質GDPの上下振幅を可能な限り縮小化して、実現する実質GDPを供給
    能力の近辺に安定化させる事を目的とした政策であるが、安定化政策は不況対策だけに限定されず、経
    済不況期には景気を浮揚させる政策を実施する一方で、景気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。