政治学原論-1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数306
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:政治権力の概念と構造について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:政治権力の概念と構造について論じなさい。
     政治権力とは、政治的な目標の実現またはその阻止を目的として活用される物理的・心理的・集団的な方法や手段を伴う影響力及び社会秩序の維持を目的として制度化された強制力であると一般的に定義され、合法的政治権力の典型は国家権力であり、ハーバート・サイモンは「権威は他人からの通信伝達内容を検討・吟味せず積極的に受容する現象であり、権力は他者をその意思に反しても行動させる強制力である」と定義し、マックス・ヴェーバーは「ある社会関係下において他者の抵抗を排除してまでも自己の意思を貫徹される可能性が権力であり、政治とは権力の配分を賜りながら権力の配分関係に影響を及ぼそうとする努力及び物理力の行使または威嚇による一定地域下における継続的秩序の樹立であり、政治の本質的属性が権力である」と定義しており、政治権力は強制力と権威により構成され、権力の権威への転化には非権力者(服従者)による権力の正統性是認を必要とし、権力関係の正当性による信念が非権力者(服従者)へ植え付けられた場合において権力が権威に転化するとされている。
     権力は「実体概念」と「関係概念」に大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。