商学総論-1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数735
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    我が国における流通機能分析の展開について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     流通機能とは、生産者と消費者または供給者と需要者を商品の媒介よって社会的・人格的に統一化させる事を目的とした経済的機能であると同時にその遂行が不可欠な社会経済的機能でもあり、流通の経済的機能は商品移転という社会経済的事象の考察により交換経済または市場経済の社会的生成に伴って必然的に発生する生産消費間における経済的な分離・隔離の再統一・再結合を目的とした機能と理解され、流通機能は流通過程を構成する個別的な活動や行為を社会的流通目的との関連性から把握して同質的な活動領域や各目的別の関連性により統合しながら流通過程内で専門化させる経過において全体との有機的関連性を基盤として展開される経済活動の概念で、流通機能の意義は社会的流通組織の技術的合理化による能率的・効率的な流通の実現化とされている。
     日本の商品流通研究は配給論を基盤に形成された影響で流通機能関連の分析的研究も配給機能分析という観点から展開され、主要な流通機能分析の展開では(A)向井鹿松博士の機能分析.(B)福田敬太郎博士の機能分析.(C)谷口吉彦博士の機能分析.(D)林久吉博士の機能分析.(E)久保村隆祐名誉教授の機能分析.以上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。