心理学2分冊

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数281
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心の病にはどのような種類があるのかを説明しなさい。また、心の治療法を三種類の他、二種類を調べて5種類の治療法について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      心の病は「神経症」.「人格障害」.「精神病」以上3つに分類可能である。
    「神経症」は、精神的な打撃・持続的な心的葛藤を原因として引き起こされる心身の機能障害で、主な神経症には、慢性的不安感や急激な動悸・発汗・呼吸困難等を伴う不安発作を主症状として特別な理由なく突然起こる激しい不安発作を繰り返す「パニック障害」様々な出来事や活動に対する過剰な不安と心配を慢性的に抱き続ける「全般性不安障害」から構成される「不安神経症」.心理的葛藤や過酷ストレスにより通常は統合されている意識・記憶・自己同一性・環境の知覚等が混乱して解離性の健忘・同一性障害・遁走や離人症性障害等が引き起こされる「解離性障害(ヒステリー性神経症)」.自己意思に反して一定の不合理的行為及び不安や不快な思考を反復する「強迫神経症(強迫性障害)」.特定の対象・状況に過剰な恐怖感・不安感・緊張感を抱いて避けようとする「社会不安障害(恐怖症)」.数年間に亘って慢性的な虚無感・悲しみや絶望感を繰り返す「気分変調症(抑うつ神経症)」.客観的に何も身体的異常が認められない状況で心身の些細な不安に強く拘って各種の自覚症状を訴えて過剰な不安と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。