心理学1分冊

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数385
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学習が形成される仕組みについて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心理学上における学習は「個体発生過程において経験により比較的永続的な行動変化がもたらされる事及びそれをもたらす操作やその過程」と定義され、過去の経験により行動の仕方がある程度永続的に変容したり新たな習慣が形成されたりする事を意味し、同一行動様式の変化でも経験によらない成熟や老化に基づく変化や病気・外傷・薬物等による変化及び回復可能な一時的変化に過ぎない肉体的な疲労や動機付けによる変容は心理学上の学習に含まれず、学習形成理論上の諸説には➀「試行錯誤説」.②「古典的(レスポンデント)条件付け説」.③「道具的(オペラント)条件付け説」.④「洞察学習説」.⑤「観察学習(モデリング)説」以上5種類がある。
     ➀「試行錯誤説」とは、正反応と誤反応を繰り返す試行錯誤により学習が形成されるという説で、刺激状況(S)と反応(R)が結合するS-Rの連合学習であると動物や人間の学習を特徴付けた説明がなされ、ソーンダイクが作り上げた刺激と反応の正しい結合発生条件を提示する「効果の法則」では満足や快状態をもたらす効果を有する行動は生起し易くなる一方、反対に不服や不快状態をもたらすような行動の場合には状況との結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。