社会政策論-1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数406
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の賃金体系の変遷について、1960年代以降の歴史的過程を踏まえて論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1960年代には日本の高度経済成長を社会的背景として、➀社会的に必要な生活費(生計費)が生活習慣の急変や生活様式の変貌による物価上昇の常態化.②労働市場における労働力需給関係の効率的展開.③
    労使間における相互的力関係調整及び賃金闘争が「春闘」として発展した事.以上3点が主要原因となり、日本の労働賃金が急速に上昇させ、年齢や勤続年数との相互関係性を強化して勤続年数・年齢・性別・学歴等の相対的評価基準による定期昇給制度を基盤として労働者による企業帰属意識の培養を目的とした「年功序列型賃金体系」が確立し、この「年功序列型賃金体系」は長期雇用慣行の「終身雇用」及び企業別労働組合と相俟って「日本的経営」における構成要因とされており、「年功序列型賃金体系」の成立条件としては➀過剰人口の広範的存在.②製造業を中心とした産業構造.③熟練習得に長期的時間が必要とされた事.以上3点が指摘でき、日本の高度経済成長の展開は若年層を中心とした「労働力不足」を進行させると同時に製造業を後退・減少させて、様々な技術革新によりが熟練習得に必要とされる時間的短縮化を加速させた一方、社会的には経済の国際化・グローバル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。