経営学-2分冊

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数509
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業の境的責任の本質とその内容、日本企業における社会的責任の実践に関して論述しなさい。※総合評価は全てA判定でした・・・・。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     企業の社会的責任とは、企業が利益追求だけでなく、企業組織活動が社会へ与える影響に関連する責任を有して、様々なステークホルダー(利害関係者)全体からの要求に対して適切な意思決定を実行する事を意味しており、企業の経済的活動上では利害関係者への説明責任を遂行しながら社会的容認や企業への信頼性を獲得して持続的発展可能な企業経営体制を確立する目的で企業の意思決定を判断する利害関係者側に位置付けられる消費者の社会的責任及び市民の社会的責任が必要不可欠とされ、経済産業省
    発表による『2004年版通商白書』では「企業が法令遵守だけに限定されず、市民・地域及び社会等の企業を取り巻くステークホルダー(利害関係者)に利するような状況で自社が積極的に経済・環境・社会問題において均衡の取れた経済的活動による事業成功が企業の社会的責任である」と定義されている。
     企業の社会的責任の内容には、企業が社会的非難を受けるような行為をしないという消極的側面(企業倫理の維持)と企業が社会から期待されている行為をするという積極的側面(社会的善行の期待)があり、具体的内容は情報開示・説明責任・環境保護・労働環境改善・法令や労..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。