租税論-2分冊

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数265
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:日本の現行所得税の問題点

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     消費税とは、物品購入及びサービス享受の消費行為に対して幅広く公平に賦課される税金で、消費税は法律上の納税義務者と実際に租税を負担する担税者が異なる間接税であり、消費税の課税対象は国内で個人事業主と法人が事業として有償・対価(反対給付)獲得目的で行う課税資産の譲渡・販売・売却・現物出資・負担付贈与・代物弁済・貸付・各種サービス提供・専門的な知識や技能等に基づく労働行為の提供を含む国内取引及び、外国輸入貨物(輸入品)の関税輸入許可を受けずに当該関税徴収を猶予・一時保留の状態で保管可能な特定地域の保税地域から引き取られる外国貨物の輸入取引である(消費税法第4条規定)とされ、国内取引関連では課税資産の国内取引を事業として行った個人事業主と法人が消費税納税義務者となり、国・地方公共団体も課税資産の国内取引を行う限り納税義務者に含まれ、輸入取引関連では当該輸入貨物(輸入品)を保税地域から引き取る輸入取引を行った一般人・個人事業主・法人が消費税納税義務者である(消費税法第5条規定)とされており、日本の現行消費税制度における問題点としては、「消費税の逆進性」と「益税」の課題が存在する。
     「消費税の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。