労働法-1分冊

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数338
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    労働基本権について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題デーマ:労働基本権について説明しなさい。
     日本国憲法第27条規定では、労働能力と労働意欲を有する労働者に就業機会を付与すると同時に国家に対して国民が労働機会の提供を請求できる勤労権[労働権]を保障し、労働条件の決定を規定すると同時に国民に対する労働義務を課している。それに伴い労働者の人間的生活の保障と権利確立を目的として、日本国憲法第28条規定で保障されている[団結権].[団体交渉権].[団体行動権]以上3権から成立する労働者に必要不可欠な権利が労働基本権である。また、日本国憲法で保障される労働者権利を具体化させる法的手段として、日本国憲法27条規定で保障される労働権に基づいた『労働基準法』.『職業安定法』等の労働者保護法及び日本国憲法第28条規定で保障される労働基本権に基づいた『労働関係調整法』.『労働組合法』等の労働者団結保護法が制定されている。なお、『全農林警職法事件(昭和48年4月25日最高裁判決)』において「公務員に対しても労働基本権保障の効力は及ぶが、公務員の地位の特殊性と職務の公共性から鑑みて、公務員の争議行為は国民全体の共同利益に重大な影響を及ぼす結果を齎し、公務..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。