【明星大学幼保特例】福祉と養護-2単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数597
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程の合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策としてご活用ください。

    【課題】
    子ども福祉における地域(コミュニティ)の位置づけについて、子ども子育て支援の担い手となる諸アクターを掲示しながら、その役割、課題について述べなさい。

    ※参考文献
    「社会福祉学」平岡公一・杉野昭博ほか著 発行/有斐閣(2011年)
    「保育者・教師に役立つ 子ども虐待対応実践ガイド」河津英彦著 発行/東洋館出版(2013年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉と養護 2単位目
    子ども福祉における地域(コミュニティ)の位置づけについて、子ども子育て支援の担い手となる諸アクターを掲示しながら、その役割、課題について述べなさい。
     現在、子どもとその育ちを取り巻く社会環境は大きく変化しつつあり、時として虐待や誘拐、暴行などの痛ましい事例も多く発生している。子どもにとって安心できる養育環境を保障するためには「子どもは家庭だけではなく地域社会の中で育つ」という認識のもと、地域コミュニティにおける子どもの育ち、子育ての重要性が極めて注目されるようになってきているのである。また、近所付き合いが希薄化している現在の状況においては、子どもだけではなく子育てをする人自身を支えていく手段としても地域コミュニティを通じた支援が大きく期待されているのである。コミュニティとは共同体であり、その一員たる子どもの為の地域福祉の展開については、そのメンバー一人ひとりの活躍が期待されている。
     それでは具体的に我々の地域コミュニティの中では、子育て支援についてどのような人間が活躍しているのだろうか。例えば、身近な所では児童委員というアクターがある。彼らは日々の暮らしの中で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。