【明星大学通信教育課程】初等教育原理-3単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数156
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程の合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策としてご活用ください。

    【課題】
    1、子どもにとって学校とはなにか。家庭、地域社会との関係で考えてみよう。

    2、環境と教育について考えてみよう。

    ※参考文献
    「人間教育の探究」甲斐規雄・朝倉征夫著 発行/酒井書店・育英堂(1999年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 初等教育原理 3単位目
    1、子どもにとって学校とはなにか。家庭、地域社会との関係で考えてみよう。
     時代の変化と共に、学校は子どもの生活のあらゆる部分を背負い込み、児童、生徒に関する教育活動のすべてを準備することになる。したがって、学校は、多機能な、生活共同型の学校として構造化される。それにともなって、学校の文化的構造もインフォーマルな文化を分化し、構造自身が拡大化せざるを得なくなる。その中で毎日の教育活動は、子どもの主体性、自発性が尊重され、教師と子どもの関係も援助的関係になるはずである。しかし、実際には学習指導要領で規定された連続的、形式的な内容と、その場その場で生じる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。