【明星大学通信教育課程】教育方法学Ⅱ-1単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数136
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育課程の合格レポートです。課題レポート作成資料や試験対策としてご活用ください。

    【課題】
    1、情報化社会の特徴とその教育への影響について述べよ。

    2、教育においてコンピュータを活用する事のメリットおよび活用する上での留意事項についてまとめよ。

    ※参考文献
    「パソコンで授業が驚くほど変わる」高橋勲著 発行/明治図書(2000年)
    「コンピュータの学校教育利用」芦葉浪久著 発行/東京書籍(1998年)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法学Ⅱ 1単位目
    情報化社会の特徴とその教育への影響について述べよ。
     現代社会はコンピュータによって,多種多様な大量の情報が不断に生産,蓄積,伝播される情報化社会である。これまで人類は地球上に登場して以来、その文明の発展と共に多くの変革に遭遇してきた。農耕革命による狩猟社会から農業社会へ、産業革命による農業社会から工業化社会へ、そしてIT革命による情報化社会へと移行し、今日では従来の価値基準の基本要素であった物質とエネルギーに加え、資源としての情報に大きな価値を認める社会となった。
     今日の我々の生活において、この情報化社会の中核であるコンピュータの恩恵を享受しない日は一日とてないと言っても過言ではないだろう。例えば、普段何気なく視ているテレビも電子化され、映像処理の多様化・迅速化のためコンピュータ制御による撮影システムが導入されているし、更にそこから絶え間無く生み出される情報は洪水の如く我々の周りに溢れ返っている。しかし、こうした情報資源を価値ある物として有効に活用するためには、これらを収集し、その中から必要な情報を選択・加工し、伝達する技術が必要となる。つまり、情報処理及び..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。