教育の制度と経営 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数130
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部
    2014年度〜
    教育の制度と経営2単位目合格レポート
    1、学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2、家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。

    皆様のレポートの参考になると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育学部
    教育の制度と経営
    【2単位目】合格
    1、学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
     学級経営とは、学級担任が中心となって教育目標実現のために、学級を単位として基本方針のもとに展開する組織的で計画的な実践の総体のことである。本レポートでは、この学級経営における児童のケアに関する課題を取り上げ、考察していく。
     学級経営の領域の中に、教師と児童、児童同士の人間関係づくりがある。良好な人間関係は「生きる力」をはぐくむための土台となると考える。そのため、教師は日頃から児童理解に努め、信頼関係を形成することが必要になる。しかし、現在の日本の教育制度からみると、1担任教師が抱える1学級あたりの人数が先進国の中でも多く、児童一人一人に対するケアの難しさを感じる。それを克服するために、文部科学省は平成22年に少人数制を取り入れた。少人数学級の実現によって、児童一人一人に対する丁寧な指導を目指している。学級におけるいじめ問題への対応や学力向上のための学習支援を教師は担っているのである。昭和55年までの1学級45人の児童が在籍し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。