【明星大学】教育法規1 2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数365
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学科
    教育法規1 2単位目の合格レポートです。
    課題は『教育の機会均等の観点から講じられている教育財政の措置にはとのようなものがあるかその概要に言及し、まとめなさい。』です。
    少しでも、これから提出される方の参考になると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育法規1 2単位目
    教育の機会均等の観点から講じられている教育財政の措置にはとのようなものがあるかその概要に言及し、まとめなさい。
     教育の機会均等の観点から講じられている教育財政の措置について教育を受ける側と教育を施す側の2点の概要をまとめてみたい。
     まず、児童生徒といった教育を受ける側への教育財政の措置についてである。児童生徒の就学に関しては憲法26条において「すべて国民は、ひとしく教育を受ける権利を有する」と規定し、教育機会均等の原則を宣明している。また、学校教育法第19条において「経済的理由によつて、就学困難と認められる学齢児童又は学齢生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない」と定めている。そのため、学齢児童生徒の保護者で生活保護法にいう要保護者である者に対し、市町村が学用品や通学費を支給する場合に国が補助するという「就学困難な児童及び生徒に係る就学奨励についての国の援助に関する法律」(昭和31)や公私立の特別支援学校の児童生徒の保護者の経済的負担を軽減するため、保護者の負担能力に応じて都道府県が支弁する義務を課すとともに、国がその経費の2分の1を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。