【明星大学】法学2 2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数326
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    明星大学レポート法学

    代表キーワード

    明星大学法学

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学科
    法学2 2単位目の合格レポートです。
    課題は『1.議院内閣制の特色
    2.地方自治の意義』です。
    少しでも、これから提出される方の参考になると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学2 2単位目
    1,議院内閣制と大統領制とではどのような特質があるのだろうか。まず、議院内閣制の特徴を述べてから両者を比較し、議院内閣制の特色を論じてみたい。
     まず議院内閣制とは内閣の存在を議会の信任に依存させる制度であり、議員は国民選挙によって選出されるが内閣総理大臣はその選ばれた国会議員の中から国会の議決で指名される。内閣を形成する国務大臣の過半数は国会議員でなければならない。権力分立国家における行政府の形態として世界的に用いられているのが内閣制であり、内閣は議会に対して連帯的な責任を負う事となる。そのため議会は内閣に対して不信任決議を有しており、内閣は議会(日本では衆議院)を解散できるという関係が成り立っている。議院内閣制は三権分立に立った上で立法府と行政府の協働関係を認めて政治運営を効率的に行う事が念願されており、議会の総意の上に内閣が形成されているため、国民の意思が内閣に通るまでが短く、それによってより民主制を徹底できるといった利点がある。議会の多数はが政権与党となり、議会との連携を取りやすくなるため安定した政権運営が比較的容易であると言え、与党と野党の線引きが明確となる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。