【明星大学】道徳教育の指導法(中学校) 2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数583
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学科
    道徳教育の指導法(中学) 2単位目の合格レポートです。
    課題は『1.「道徳の時間の指導」について次の問に答えなさい。
    ①「道徳の時間の指導」は何をする時間か明らかにしなさい。
    ②「道徳の時間の指導」で読み物資料を使った場合と「国語科」の読解指導との相違点を述べよ。
    2.道徳の指導法の中で書きの内容について述べよ。
    ①「説話」の内容と指導上の留意点を解説すると共に「強い意思でやり抜く」をねらいとする説話を
    400字程度で述べよ。
    ②「読み物資料」の特性と資料選択の際に留意すべき点を述べよ。』です。
    少しでも、これから提出される方の参考になると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の指導法(中学校) 2単位目
    1.「道徳の時間の指導」について次の問に答えなさい。
    ①「道徳の時間の指導」は何をする時間か明らかにしなさい。
    ②「道徳の時間の指導」で読み物資料を使った場合と「国語科」の読解指導との相違点を述べよ。
    2.道徳の指導法の中で書きの内容について述べよ。
    ①「説話」の内容と指導上の留意点を解説すると共に「強い意思でやり抜く」をねらいとする説話を
    400字程度で述べよ。
    ②「読み物資料」の特性と資料選択の際に留意すべき点を述べよ。
    1.①道徳の時間は児童生徒自身が自己を見つめ直し、社会を生きる一員としてより善く生きるために自己を磨き高める時間である。ねらいとする道徳的価値に照らして自己を振り返り、生徒自身の内なる自己に訴えかけ、自身で反芻しながら自己対話する時間と言える。その時間の指導とは現実的問題を解決する事が目的ではなく、望ましい道徳的判断・心情・態度を取れるように共に考える事を主題に捉え、学んだ道徳的価値判断を日常に反映できるようになる事を目的とする。そのため教師による一方的な価値観の押し付けや行動の指針を示すことは望ましくない。
     また、道徳の時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。