【明星大学】道徳教育の指導法(中学校) 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数380
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学科
    道徳教育の指導法(中学) 1単位目の合格レポートです。
    課題は『1.道徳教育と道徳の時間の指導の関連及び実際の指導の際に留意すべき事柄について述べよ。
    2.昭和33年の特設時間設置以降の道徳教育の変遷について述べよ。』です。
    少しでも、これから提出される方の参考になると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の指導法 1単位目
    1.道徳教育と道徳の時間の指導の関連及び実際の指導の際に留意すべき事柄について述べよ。
    2.諸和33年の特設時間設置以降の道徳教育の変遷について述べよ。
    1.道徳教育と道徳の指導についてどのような関連が挙げられるだろうか。実際に行われている道徳の時間の指導の際に留意すべき事柄を挙げながら関連性に言及してみたい。
     道徳の時間は児童生徒自信が自己を見つめ直し、社会の中を生きる人間としてより良い生き方を求めて自己の練磨を高める時間と言える。また、指導時のねらいとする道徳的価値に振り返って内なる自己と対話し、生徒自身が自分の事として捉える事が求められる時間と言える。そのため、教師が一方的に教えるのではなく、教師も生徒同様に「共に考える」事を念頭に置いた指導をする事が重要であり、生徒と共に自己の生き方を振り返る姿勢で臨む事が望ましい。
     人間は人間関係をより良く保つかという問題を避けること無しに社会の中で生きていく事ができない。そのため、個々人の行動を制約する社会的規範がベースとして備わってなければ社会として無秩序となってしまうが、それではその社会規範をどのようにし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。