【明星大学】教育行財政1 過去問解答例 8問

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数365
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学科
    教育行財政1 テストの過去問集です。
    計8回分の過去問の問題と解答例になっています。
    2015年8月時点から過去2年の過去問をチェックしていますが、
    過去問の出題傾向は変わっておりません。
    少しでも、テスト合格の一助になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○平成18年の教育基本法の改正の趣旨とねらい及び改正の概要についてまとめよ。
     戦後に制定された教育基本法とその理念の下に構築された教育書制度は国民の教育水準を向上させ、社会発展の原動力となったが制定から半世紀以上が経ち、科学技術の進歩や産業の発展、国際化と情報化社会への変容、少子高齢化などといったように社会が変化していった。教育の現場においても校内暴力、不登校、いじめ等といった問題が深刻化していた。これらの要因より教育の原点に立ち返り、新しい教育の基本理念を明示して国民の共通理解の下で教育改革を推し進める事ができるように、また、その教育の実現を目指すことをねらいとして平成18年に教育基本法が改正された。
     新しい教育基本法はそれまで同法が掲げてきた理念を継承しつつ、特に重要な事柄を新たに定め、国民一人ひとりが豊かな人生を実現する事、国際社会の平和と発展に貢献する事、我が国が一層の発展を遂げるように改正されている。それとともに教育理念及び目的と教育の実施の基本を定め、国と地方公共団体の責務を明らかにし、教育振興基本計画について定める等、時代の要請に応えて教育の基本の確立を図ることを目的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。